【山に登ろう?】登山での服装の選び方

登山が人気になってきている今、新たに登山を始めたいという人も多いでしょう。
しかし、どんな服装で登ればいいか分からない人も少なくはないはずです。
服装がしっかりとしたものでないと最悪、命を落とすこともあります。
ではどんなものが良いのでしょうか?まず準備してほしいのが雨具です。
上下分かれたセパレート式の防水透湿素材のものが適しています。
また雨具は防寒具としても使えます。
もしものときのことを考えて、少し高価でも性能の良いものを買うべきです。
3~4万円あれば十分なものが買えます。
また肌着も重要です。
普段汗をかくと肌着が張り付いてべとべとすることがあります。
山ではこれは体温の低下を招くので、肌着は綿のものは出来るだけ避け、化学繊維で乾きやすいものを選びましょう。
また下着同様、上に着るシャツなども化学繊維のものが好ましいです。
服装に関して分からないことがあれば登山用品を扱うスポーツ店などで実際に試着してみたり、店員さんにアドバイスをもらうのもいいと思います。

登山には快適性と機能素材「重視」な服装で

これから登山を始めようと思っている人も、まだ始めて1年もたたない人、そして何年も登山をしてきている人も、普段の生活をしているときの服装よりもどんなものを着たらよいかと気になるものです。
「山ガール」という言葉も聞いたことがあると思いますが、おしゃれな服、なおかつ快適性と機能性のいい素材の服を選びたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
不慣れなうちは何を着て行けばいいのか困る山の服装ですが、速乾、透湿、軽量、収縮性さらにUVカットや防臭性を重要視すれば、気持ちのよい快適な山歩きができます。
登る山とシーズンにあわせて適したウエアを選んでください。
登山の服装はどう決めればいいかのヒントは「気温」にあります。
標高が100m上がるごとに気温0.6下がると言われています。
山のふもとの正午の気温予想を確認して山頂の気温を考えてウエアを選びましょう。
ただし山登りの行動中は汗をかきます。
汗冷えを起こさぬよう重ね着スタイルでこまめな脱ぎ着が基本です。

Favorite

小中高一貫の佐鳴予備校
http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002002

2016/8/8 更新